【初回限定版】美学文芸誌『エステティーク』Vol.3 特集:神 高橋睦郎 鶴岡真弓 他【ポストカード/香り付】

¥ 980

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

再入荷についてお問い合わせをする

――美とは何か。
永遠不変のテーマを問い続ける文芸誌。
第3号の特集は「神」。
総勢17名の識者が縦横無尽に「神」を語る。
美を愛し、美を求め、美に狂った全ての人へ。

【目次】
■高橋睦郎(詩人)『神について』
■鶴岡真弓(美術文明史家・ケルト芸術文化研究家)『闇と光の装飾神話』
■大島直行(考古学者)『縄文人は〈神〉を創ったか』
■山田仁史(宗教学者・民族学者)『神の来し方、神の行く末』
■武田宗典(能楽師)『翁―能楽に宿る神―』
■宮川あゆみ(絵馬絵師・巫女)『天地を駆ける馬』
■大岡 淳(劇作家・演出家・批評家)『神に背を向けるということ―芥川龍之介と遠藤周作―』
■辻 大介(調香師)『香と神』
■岩渕竜子(漫画家)『刺青』
■三浦和広(美学研究者)『人形神学』
■大谷 哲(歴史学者)『殉教と神 ― キリストの模倣者としての殉教者』
■華藤えれな(ボーイズラブ作家)『死神のパソドブレ―闘牛士Sへのオマージュ』
■鵺神 蓮(緊縛師)『女神緊縛』
■高田和恵(カリグラファー)『神の言葉を綴る人―いにしえのカリグラファー』
■樋口りの(小説家)『神の足』
■斯波克幸(ヲシテ研究者)『神は太陽である』
■市川 純(第二期最優秀新人作品)『神を讃える歌と言語―教会音楽のヴェール』

【挿絵】
■銀河博覧会
■Demian

発売日:2017年9月29日
発行:日本美学研究所
仕様:B5判変形/122ページ
本体価格:907円(税抜)

※本サイトでのご注文に限り、『Lucifer』ポストカードと、特別に聴講した香りが付いています。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する